360_F_300417088_J9uTbsJd4acAmmPIKcsOFxHzs3zXKc3T_edited.png

NEWS

SHOOTO 2022 Vol.4 Cage Kick Championship 2022 -57.5kgトーナメント 都筑海杜選手 試合前インタビュー「当たる人を倒すしかない、やるしかないですね」

7月3日(日)に大阪のメルパルクホールで開催される、SHOOTO 2022 vol.4にて、-57.5kg級トーナメントに挑む都筑海杜選手に試合前インタビューを実施。前回の試合や今回の試合、大会について語っていただきました。



インタビュアー(以下、Q))よろしくお願いします。折角タイムリーな話題なので、昨日のTHE MATCHは海杜選手はご覧になられましたか。


海杜(以下、海杜))全部見てましたよ!



Q)見ていて気になった、特に面白かった試合はありますか。


海杜)本戦1、2戦目と原口選手の試合、それから海人選手対野杁選手の試合ですね。



海杜)テクニカルな試合が多いですね。その中でも個人的なベストバウトはありますか。


海杜)昨日の試合の中では海人選手 対 野杁選手じゃないですかね。いやー、純粋にレベル高過ぎて…。久々にあそこまで野杁選手が効かされているのとか目にしたので、見ていて面白かったです。



Q)キックの試合にも関わらず空手の距離感みたいな近距離戦でもありましたね。


海杜)そうですね。空手くらい近い距離感ではありましたけど、ボディの打ち方とか2人ともめちゃくちゃ上手かったのも凄かったです。




倒されたんで、もうあとはやるだけだなと思っています。


Q)今回は普段参戦されているRISEではなく、総合格闘技の団体である修斗が主催のキックボクシングのトーナメントとなります。まずこのオファーが来た際にどう思われましたか率直な気持ちを教えてください。


海杜)んー、トーナメントかってのでやりたい気持ちもありながら最初は考えたんですけど、先日あった山口くん(同じく空手界から来た先輩でもある)の試合でセコンドつかせてもらって、『やらな、やるか』となりましたね。



Q)空手では馴染みのあるトーナメンと戦ですが、プロキックボクシングのキャリアの中では初のトーナメント戦となります。この辺りはどう捉えていますか。


海杜)そこは変に意識せずに、空手のトーナメントの時の感覚で捉えていますね。意識したところで固くなってしまうだけなので、トーナメントはトーナメントって感じで慣れた感じでいきます。



Q)少し前回の試合を振り返らせてください。前回はタフな山元選手を相手にダウンを奪うなどといった見どころのある試合を繰り広げられたのですが、最終的にはKO負けを喫してしまいました。あの試合をどう捉えて分析されますか?


海杜)あの試合は倒されちゃったんですけど、自分の中ではあの後からだいぶ色々気持ちの面とかも整理できたし、めちゃくちゃ得るものもあったんで良かったですね。

倒されたんで、もうあとはやるだけだなと思っています。



Q)具体的にどういったものを得ることが出来たか教えてもらえますか。


海杜)空手とかだと顔への攻撃で効いて倒れるとか無いんでそこに対する恐怖心とかは正直あったんですけど、そういうのも今回ので吹っ切れたというか、「もう一回倒されたんやから、いけるやろ」って気持ちになれましたね。あとは試合に向けてブロックだったり、パンチだったりも結構練習していたので、その辺の手応えも得られました。



Q)セコンドにつかれていた大成代表からは「プロになれ」との厳しい言葉も飛んでいましたが、そのメッセージを試合中であったり試合後どう捉えていましたか。


海杜)いやー、覚悟。覚悟やと思いました。覚悟の差とかではないですけど、そこで相手に勝てって意味だったと思っているんで、気持ちで負けるなという意味で言ってたのもあると思います。




トーナメントは意識せず、3回とも本気で勝ちに行く


Q)そんな前戦も踏まえて、この試合とトーナメントでどんな試合をしたいと思っていますか。


海杜)あんまりトーナメントだからって意識するのではなく、最初から自分らしい戦い方で行きたいと思っていて、3回あるんですけど3回とも本気で倒すつもりで勝ちに行きます。



Q)修斗のトーナメントは、 有井渚海選手と大森隆之介選手が過去に1回戦で対戦していた上で最終的には寺山遼冴選手が優勝したり、田渕神太選手が優勝したりと、若い選手が活躍することで名の知られるキッカケともなっている大会です。その点この大会を海杜選手としてはどう位置付けますか?


海杜)ここは結構大事なところだと思っています。トーナメントだというのもあるし、他の出場選手たちも歳が近い選手が多いので絶対に負けたくないですね。



Q)今大会には同じRISEからフェザー級4位の澤谷大樹選手、11位の龍翔選手、12位の松井大樹選手らも参戦しますが、意識する選手などはいますか?


海杜)意識している選手は、この人って選手はいないです。

一人を気にし出したら当たる可能性のある選手は気になりだすんでそういう意味では全員気にしてるんですけど(笑)当たる人を倒すしかないので、あとはやるしかないですね。



Q)最後に応援してくださっている方々に向けて、試合への意気込みやメッセージをお願いします。


海杜)前回倒されてしまって申し訳ないんですけど、今回は3回しっかり勝つつもりなので応援してもらえたら嬉しいです!