360_F_300417088_J9uTbsJd4acAmmPIKcsOFxHzs3zXKc3T_edited.png

NEWS

【Krush.133】 近藤魁成 試合直前インタビュー「ベルト巻けるんちゃうとみんなに思わせるくらいのレベルの差を試合で見せたい」

1月28日(金)後楽園ホールで開催されるK-1 JAPANグループ、『Krush.133』にて、10ヶ月ぶりの復帰戦を迎える近藤魁成選手に新階級への想いやこれまでのウェルター級での戦い、試合に向けての意気込みなどを試合直前インタビューの中で語っていただきました。


パワーもスピードも高校生の頃とは比べられないくらいレベルが上がった

Q)今回新階級に向けて66kg契約での試合となりますが、ここまでで体重を落とすきっかけや自分で意識して変えたことがあったのでしょうか。


近藤魁成選手(以下、魁成))体重を落とすためではなくコンディション管理のために結構前から食事に意識を向け出したんですけど、最初知識もなかったんで添加物とか何から何まで意識し出したら何も食えんくなって(笑)丁度、練習量が増えた時期と重なったのもあって、4、5キロ落ちて今の体重に落ち着きました。



Q)スーパー・ライト級で注目している選手はいますか?


魁成)不可思選手と林健太選手、佐々木大蔵選手と山崎秀晃選手っすね。



Q)それぞれの選手にどんな印象を抱いていますか。


魁成)不可思選手と林健太選手は自分のファイトスタイル的に試合をしたら噛み合うというか、面白い試合になると思ってて注目しているのと、佐々木選手と山崎選手はチャンピオンなのでいずれ試合したいと思って見ています。



Q)魁成選手の得意なスタイルとしては距離感を制して何もさせずに勝つくらいのイメージですが、不可思選手は真逆のインファイトを仕掛けてくるスタイルの選手です。その辺りにやり辛さというか苦手意識みたいなものも特にないんでしょうか?


魁成)その辺は無いですね。逆に最近は結構ゴリゴリ来る系の選手を想定した闘い方を練習しているんで、そういう意味でも噛み合うんじゃないかと思います。色々試せるんじゃ無いかなと思って楽しみな部分もありますね。




木村選手との試合では「ベルト巻く人はこんくらいやねんな」というイメージが持てた


Q)魁成選手はスーパー・ライト級では実は以前も試合をされていて、最後に試合をしたのは2018年K-1甲子園決勝の対龍華選手との試合ですが、当時との感覚の違いや自分自身感じる変化は?


魁成)身体のデカさや芯の強さみたいなものは全然違うと思うし、パワーもスピードも全体的に高校生の頃とは比べられないくらいレベルが上がったと感じています。



Q)ちょっと無茶振りかもしれませんが、3年前のスーパー・ライト級の仮に当時の自分と今試合をしたらどんな試合になるか展開予想をしてください。


魁成)1RKO勝ちですね(笑)右フックだったり、思いっきり振るだけでも全然当たると思います(笑)



Q)この3年間のウェルター級で印象に残った試合や選手としての成長に繋がった試合はありますか?


魁成)対木村ミノル選手戦と対松岡力選手戦ですね。



Q)それぞれどんな記憶として残っていますか?


魁成)木村選手との試合では「ベルト巻く人はこんくらいやねんな」というイメージが持てたのと、松岡選手との試合は自信ついたっすね。(松岡選手は強い選手だというイメージがあったので)あのレベルの選手にも思いっきりやればKOで勝てるんだと自信に繋がったっすね。



Q)それはKO勝ち出来たからか、それともやりたかったように自分の試合が出来たからかどちらかなんでしょうか。


魁成)2つともっすね。結構あの試合は何もさせずに勝てたと思うのでその自信と、KOも出来たので、試合運びと仕上げと両方出来たことですね。



Q)当時対ピケオー選手戦の際に、「試合に向けて学校を辞めた」と話題にもなりました。色々考えられた時期だったと思うのですが、その辺が特に上がらなかったのは何か理由があったりするんでしょうか?


魁成)いや、(今その試合を取り上げて)特に聞かれていなかったからというのと、丁度その時期は試合とか関係なしに自分自身グダグダしてた時期で(笑)どっちつかずで半端になるなら格闘技一本に絞ろうと思って辞めてしまっただけだったんで。




みんなとは違う闘い方を見て欲しい


Q)今の近藤魁成の武器と魅力はなんでしょう?


魁成)イメージしているのは、達人みたいな闘い方がしたいなと。木村選手みたいにゴリゴリぶっ倒すKOっていう感じではないんですが、綺麗に相手を倒すことを理想としてるんで、みんなとは違う闘い方を見て欲しいです。



Q)今回の対アラン・ソアレス選手戦はどんな試合にしたいですか。


魁成)マキ戦で左はアピール出来たと思うので、その時よりもさらに強くなった左と、「あ、これはベルト巻けるんちゃう」くらいにみんなに思わせるレベルの差を見せたいです。



Q)ありがとうございました。試合で実際に拝見させていただくのが楽しみです。頑張ってください。


魁成)ありがとうございます。